2・8 拝啓 倖田來未様

我が国は
独裁国家の北朝鮮でも
共産党一党独裁の中国でもありません
言論の自由を憲法下で保証された
民主主義国家です

倖田來未さんの
今回の発言の内容は
憲法二十一条で国民に保証された
表現と言論の自由の
完全なる範囲内です

公人以外の
ある特定の個人を
誹謗したのではなく
一人の自由で
尊厳ある人間が
言論という権利を
健全に公使しただけですから
そもそも
謝罪するという
質の問題ではありません

企業などが
謝罪会見などをしますが
あれは社会に
迷惑をかけたからです
今回の件は
あの手のものとは
質的に全く違う性質の問題です
ですから謝罪などする必要は
一切なかったのです

世間がヒステリックに
騒いでいるだけなのです

いつからこの国は
こんなにも
狭く小さな国に
成り下がって
しまったのでしょうか・・・・・

今回の騒動もネットで火が点いたのは
倖田さんもよくご存知だとは思いますが
自分の顔を出して反論もできない
卑怯で卑劣な男達は
自己の屈折した欲求をはらすために
日々生け贄を探しているだけなのです

馬鹿な奴らにとって
発言の内容は問題ではなく
炎上や騒動を起こすために
あるいは社会的に抹殺するためだけに
ターゲットを探しているのです
ですからそのターゲットは
誰でもいいのです
その程度のゲスな奴らなのです

そしてその騒動に実社会が
過剰に反応しただけなのです
倖田さんが契約している
CM会社は営利を追求する企業ですから
この手の騒動には一番敏感に反応します
ですが倖田さんは
企業のために
創造的な活動をしているのではなく

自己の魂の救済のために
日々葛藤して苦しんで
その苦しみの過程の中から
創造的なものを
死にもの狂いで
生み出しているのですから
元々二つの方向性が
違う文化のものなのです

もちろん倖田さんは
魂を選択すると思いますので
これからも倖田來未という
一人の立派なアーティストとして
胸を張って発言すればいいのです
アーティストが自己の発言に
ブレーキをかけたり
魂を萎縮させてしまっては
魂が解放できなくなり
芸術家としての死と
同義語になります

この国は戦時中
憲兵隊がいて
国民の言動や行動を
いちいち摘発していました
あの最悪の時代にまた
戻ろうとしているのか

それとも国ではなく
大きな村という構造をしている
日本国の村人たちが
ヒステリックに村八分的な
ターゲットを探しているのか

どっちにしろ
日本人の一番恥ずべき性質が
露骨に露呈した
せせこましく嫌な
社会現象です

倖田來未さんの
最大の魅力は
作品はもちろんのこと
フリートークでしゃべる
言葉の中に
苦労を乗り越えてきた
ものにしか分からない
希望が光り輝いている
ことですから

これからも
一人のアーティスト
倖田來未として

もっと自由に
もっと創造的に
倖田來未を
創っていって下さい

創造することを
魂の唯一の
救済としているものとして
応援しています


         敬具

 

 

 

2・1 ジョン・F・ケネディ

アメリカの大統領を超越して
世界の歴史的にも
特別な意味を持つ大統領
ジョン・F・ケネディ大統領

その実弟の
エドワード・ケネディ上院議員が
オバマを正式に支持すると表明した
エドワードは兄の暗殺後
大統領候補者を支持するのは
始めてである

そしてその同じ壇上から
ケネディの愛娘のキャロラインも
全米に向けて支持を表明した
この二人の行動は選挙戦の潮目を変える
ディープインパクトである

父が暗殺された時
キャロラインはまだ
幼き5歳
叔父のオバート・ケネディが暗殺された時は
まだ10歳だった

父とキャロラインが
乗馬をしながら
ニコニコと楽しでいる映像が残っているが
父が幼きキャロラインを残して
突然に逝かなければ
ならなかったことは
どれほど
心残りであったろうか・・・・

しかし
父もきっと
愛娘の行動を
喜んでいるだろう・・・・

そのケネディ家のエドワードと
キャロラインが支持をするということは
ケネディ家のお墨付きが付くという
表面的なことではなく

希望という光が
オバマの背中を
押すことになる

キューバ危機で
ソ連との全面核戦争寸前の時に
自国の陸海空軍の参謀達の全員が
先制攻撃を仕掛けるようにと
大統領に圧力を掛け続ける中

ケネディは独り
歴史的転換期になりえる
重要な決断の帰路に立って考え抜いた

そして苦悩する
ケネディの脳裏に
真っ先に浮かんだことは

「この地球の
 子供たちのことであった・・・・・。」
と後で述べている

そして
地球の全ての
命が救われた

ケネディは自身の演説で
たいまつは引き継がれたと
高らかに演説した
そしてその
たいまつを引き継ぐのは
人種や国境を越え
あなただ

そして
たいまつを
引き継いだ
あなたの姿を見て
誰かの心にも
たいまつの灯火が灯る

そして
その灯火が
永遠に
永遠に
つながっていく・・・・

それこそ
誇り高きジョン・F・ケネディ大統領が
夢みた
光景ではないだろうか