奇蹟の日

人間が創った
どんな芸術作品よりも

人間が創った
どんな造形物よりも

美しいと想える
波が
いくつも
いくつも
押しよせる
奇蹟のような日が
時たま
やって来ます

そんな時は
あぁ〜
この世は
なんと
美しいんだろうと
想います

そうです
あなたが
生きている
この世界は
美しいのです

私たちは
美しくも
素晴らしい
輝いている
世界に
生きているのですね

そう想えるような
奇蹟の木漏れ日が
時たま

そう
ほんの
時たま
心に差し込んでくるから

人はまた
歩いていこうと
想えると
おもいます・・・・









僕が愛する
千葉の海岸は
神奈川はおろか
千葉の中でも一番美しい
白い砂をした海岸で
透明度も高く
波も高く
風景も美しい
理想的な海岸である

海は
サーフエリアと
海水浴のエリアが
ロープとブイで分かれていて
その日は
7月12日の
海開きの日だった

そして
波のうねりが
強い日だった

海開きの日と
真夏日が重なって
海では多くの
小さな子供たちが
楽しそうに
むじゃきに
遊んでいた

その中の
小学校1年生ぐらいの女の子と
その弟らしき
二人の子供が
ロープエリアで
浮き輪に身体を通すのではなく
片手で浮き輪につかまって
海に浮かんでいた

そのエリアは
海岸から沖へと引っ張る
海流が極端に強いエリアで
しかも海面からは見えないが
遠浅の海岸が急に深くなる
地形になっていて
足を強引に引っ張り込もうとする
うねりが強い
この海で一番危険な
魔のエリアである

22年間も
この海で戦っていれば
そこら辺の
ローカルよりも
海の海流や
地形に詳しくなっている

僕と
その子たちの距離は
5メートルぐらい
離れていたが
僕は直感的に思った

【今この瞬間に行かなきゃ一生後悔する】

そう思った瞬間
ボードがつながったまま
その子たちの方向に
向かっていた

ライフセイバーを
振り向く余裕も
頼る気持ちもなかった

そして
その瞬間
予想以上の大きな波が
女の子をさらっていった

やばいと思った

女の子は
浮き輪に身体を通していなかったので
パニック状態になり
両腕をバタバタさせ
しかもいきなり
深くなっているので
顔面蒼白で
もがき
溺れだした

僕はとっさに
海に潜り
女の子を助け出し
女の子の身体を浮き輪に通し
浮き輪の周りにくっついてる
ひもをつかんで
海岸まで
引っ張っていった

一つの
命が
見えた

そして
一つの
命が
光っているのを感じた
瞬間だった

【今この瞬間に行かなきゃ一生後悔する】
脳裏にその信号が
電気のように流れた瞬間は
女の子はまだ溺れていなかったが
なぜだかそう想った

しかしこう想うことは
僕だけでなく
誰にでもあると思う

僕の場合は海だったが
日常生活でも
こういう場合はある

自殺を考えている人は
その前に
必ずサインを発します
身内の人や
親しい人が
なんとなく
やばいと想ったら

仕事や
日常生活が忙しいし
めんどくさいから
気のせいにして
無視するのではなく

取り越し苦労なら
後で笑い話しで終わるから
どうか
おせっかいになって下さい

あなたの
おせっかいが
人を救うのです

愛しい人の
この世に
一つしかない
命を救うのです

一生
後悔しないためにも
どうか
愛する人のために

想った瞬間に
飛び込んでください

         義明








7・9 福田康夫首相

50年後の全世界の子供たちが
50年後の歴史家たちが
あの日が
地球温暖化を
回避するメドが立った
記念すべき日だったと
語りつぐかもしれない

洞爺湖サミットの2日目とは
それほど
有意義な日であり
歴史的な日であり
大きな分岐点の日であった

福田康夫首相は
それほど
大きな仕事をした

2日前
各国の首脳達は
諦めにも似た悲観的な
暗いイメージを抱え込んだまま
霧の新千歳空港に降り立った

それもそうである
二酸化炭素排出国1位の米国は
2位の中国と
6位のインドが
2050年までに温室効果ガス半減の枠組みに
合意しない限り
合意しないと
ことあるごとに
記者会見で伏線をはっていた

そして中国とインドは
先進国がこのような状況にしておいて
私達に高い数値目標を押しつけるなと
一環して異議を唱えていた

その異議は道理が通っているし
もっともな意見だ

米国はその辺の
皮算用も分かっているし
自国の経済界や経済発展の観点からも
折れる交渉ではないと
G8の首脳達は思っていた
だから各国の首脳達は
諦めムードだった

ただ
一人の首脳を覗いては・・・・・

いつもは
ひょうひょうとしていて
我が国のトップの指導者でありながら
どこかいまいち
つかみどころがなかった
首相だったが

福田康夫首相は
洞爺湖で
人生一番の大勝負に打って出た

数ヶ月前から
G8の事務方トップ同士の
MEM会議でも半減の結論は出ず
結論は洞爺湖での
待ったなしの
本番勝負のみとなった

福田首相が一番こだわったのは
G8の首脳宣言に明記される
半減の長期目標を【共有する】という
言葉だった
しかし米国は
最後まで【望ましい】にこだわり
交渉は膠着状態に陥った

首相は
折れそうになる側近や事務方に
ダメだ
もっと粘れと叱咤し
ホテル内で
ブッシュ大統領に直電し
各国の首脳にもどうか米国を説得するように
強く強く働きかけた

その熱意を受け
メルケン独首相や
バローゾ欧州委員長も
ブッシュ大統領に
強く合意を迫った

きっと首相は
最後の1分1秒まで
決して諦めるつもりは
なかっただろう
福田首相とはそれだけ
タフな男であった

1日目の夜にはまだ悲観的な空気が
ウィンザーホテル内に重く漂っていたが
洞爺湖周辺の霧が
だんだんと晴れていくように
日付をまたいだ
午前1時半過ぎ
事務方レベルでの合意に達した

それは米国が
土壇場で譲歩した
歴史的瞬間だった

2日目米国をのぞく
各国の首脳は首脳宣言の内容を
高く評価し
今回の合意は
福田首相の努力に負う点が大きいと
称賛を贈った

福田康夫首相は
2日目の昼飯後周囲に
「まぁ〜 こんなところじゃないか
 第一歩だな。」と
語ったという

きっと
少し照れくさそうに
微かに
微笑んでいたのではないだろうか

あの笑顔で・・・・・

そして
きっと
父・赳夫氏も
天国で微笑んでいるのではないだろうか

あの笑顔で・・・・・・



天を仰ぎ見れば
洞爺湖には
眩しいばかりの

日が射していた